*All archives* |  *Admin*

2007/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苗箱の置く位置を変える
朝から良い天気太陽 今年一番の暖かさで5月半ばの気候だそうだ

ハウス苗管理
朝たっぷり水をやる
今日の良い天気で、またいっそう成長した。

dvc00258.jpg
ハウスの窓際の苗は気温が低いので短くなる。(右端が短い)


1つの箱で長さの差が無くなるように 短い側が内側にくるように箱の位置をチェンジした。
しばらく すると内側の短い苗が伸び均一の長さになるのです。
水をたっぷり含んだ苗場はけっこう重い(8キロくらいかな)温度25度のハウス内で1時間も仕事をしたら汗だくで腰も手も痛くなる力こぶ 筋トレ代わりになるかな?

田んぼ
朝から夕方まで親子2人 2台のトラクターで代掻き(しろかき)をした

昨日代掻きが終わった田んぼは 水がたまってゴミ稲の根っこ、茎など)が浮いてくる ゴミを取らないと水が発酵したり、アオミドロがわいたりして植えた苗も腐ってしまう 
ゴミをレーキで取った 気温もちょうど良く暑くもなく寒くもない ゴミ上げは嫌いな仕事だけど 有酸素運動 のつもりだやったら楽しいかも・・・クローバー



スポンサーサイト
代掻き(しろかき)はじめる
今日から田んぼでは代掻き(しろかき)をはじめた。
田んぼに水を入れドロドロに土を砕き泥状にして、田んぼを水平にちかくまで均平にして田植えができる状態にする

sirokaki.jpg
お父さんが横についてしばらく練習

今年から息子も代掻きをする 今年買った新しい新車トラクターはお父さん 息子は古いトラクター 
今年から2台のトラクターで代掻きをする

ハウスの苗
dvc00244.jpg
2葉(葉っぱが2枚)になった 
桜が満開
sakura.jpg

環境庁の「かおり100選」にも選ばれた」人気スポット5.5?にもわたる菜の花ロードの菜の花と桜が満開
今朝の朝刊の第1面に写真と記事が大きく載っていた NHKも中継車が来て生中継をしていた
大潟村桜と菜の花まつりのイベントが開催されていてヘリコプターで空から大潟村を見れるらしい
大勢の観光客がやってきて1年に1回この時期だけは道路が渋滞する
交差点には交通整理の人が立って交通整理をしてくれる
そんな楽しそうなイベントだがとても忙しい時期なので一度も行ったことがない 花見も車の中からちらっと見るだけ花 ざんね?ん

ハウスの苗管理
とても良い天気太陽 昨日とうって変わって風がなく穏やかな良い一日だった。
朝たっぷりと水をやって 日中は窓を開けてハウス内の気温を20度前後に保つ

田んぼ
風がないので 田んぼの畦(あぜ)に除草剤をまいた。
明日から代掻き(しろかき)の予定なので田んぼに水をいれはじめる
風が強い
昨日の夜から風が強く 日中も強い風が吹いた

朝ハウスに行ってみると 大風の為ドアを止めてある重りの砂袋がとばされて戸がバサバサと開いていた

屋根ビニールをヒモで止めているが ヒモを止めるためのパイプや針金も何カ所か切れていたので修繕して再度ヒモを止め直した
何年ぶりかの大風だった

風が強いが太陽だったのでハウス内の温度は一定に管理がしやすかった
4日ぶりに 自動潅水で苗にたっぷりと水をやった

dvc00238.jpg

いつもは28日にお米の定期発送をするが、明日28日は代掻き(しろかき)の準備をするので1日早いが月末分のお米を発送した
苗すくすく育つ
雲時々雨

dvc00240.jpg

ハウスの苗もすくすく育ってる
今日は雨がふっていたので苗の水はやらなかったが 午後から少し乾いている箇所があったのでホースでその部分だけ水をやった。

高温多湿になると病気になりやすいので ハウスの中の温度調節に気を使う
ちょっと太陽が出るとハウスの中の温度がさーと上がってしまうので大急ぎでハウスにとんでいき窓を開けて温度を下げる
風が吹いたり曇ったりすると温度がさーと下がってしまうので、これまたハウスにとんでいき窓を閉める
いったり、きたり 苗を育てている間は雨の日でも、いつ天気が変わるかわからないので、遠出はできない

ラーメン食べに行きたいな?ラーメン
田んぼのボックス
太陽午後3時頃より曇り

ハウス
縁側だけにかけていたラブシートをはずした

田んぼ

0424-1.jpg

田んぼの奥には排水用の大きなBOXがありそこから排水路へと排水される、古いボックスが水漏れして畦が崩れかけていたので新しいBOXと交換した、ひとつ100kgくらいあるので人力では不可能。

0424-2.jpg

こちらの排水BOXは田んぼのはじっこにあるミニBOX、構造は一緒、ここに板を入れて水の量(水のレベル)を決める。


エンビ管を埋めてパワーショベルで土を入れて踏み固め完了!

0424-3.jpg
やっと晴れ
やっと太陽になる
ハウス
朝苗にたっぷり自動潅水で水をやる 端っこにはラブシートをかけてあるので ますラブシートをのけてからの水やり
今日は天気も良くて風も強かったので午後になると、ところどころ苗が乾いている場所が出てきた
全体に水をやる自動潅水で水を再度まけば簡単だけど、そうすると水が充分足りている苗には過保護になってしまう(根が伸びない)ので ホースで部分的に乾いている箇所だけ水をかけた。

午後まだ気温の暖かいころ端っこだけ再びラブシートをかける
昨日のゆったりのハウス管理とうって変わって 行ったり来たり うろうろ・うろうろ走るの忙しい1日であった

田んぼ

dvc00237.jpg

田んぼに格納庫を増築するので埋め立てした、埋め立てしても地面が落ち着くまで建てられないので建てるのは来年になると思う。
ドライブハローの改造
雲時々雨

今日もゆったり

dvc00234.jpg

ハウスの苗は順調に生えそろった。 ほんの少し水か足りないところだけホースで水をやった
お日様朝日が出ないので 今日は天気の変化がないので窓も開けずにおいた 
今日のハウス管理はちょっと楽ちん

dvc00235.jpg

しろかき用の作業機(ドライブハロー)をモロオカトラクタ(古いトラクタ)用の電子制御のセンサーを取り付けた。

実はこのトラクタ去年壊れてしまい(油圧系の故障)修理代がべらぼうに高い見積もりだった 高いお金を出して修理するより新しいトラクターを買った方が良いと判断 直すのを断念して思い切って新しいトラクターを買ってしまった。

今年になって別の修理屋に見てもらったら前に見積もった金額よりもかなり安かったので修理してまた使えるようになった。
2台になったクローラトラクタ(ゴム製キャタビラのトラクタ)で息子と作業できるようになった。
久しぶりのお休み
今日は雲時々雨

肥料まきとトラクターが終わったので 今日はゆっくり 田んぼの仕事ははお休み

ハウスでは 最後に残った1棟のラブシートをはがした
ここのハウスは他の4棟のハウスよりシルバーシートもラブシートも1日多くかけておいた

そのおかげて芽の出も、伸びも早く一番遅く種まきをしたハウスなのに 一番生育が良い
芽の出のむらもなく一番良い苗だ
何日の間 シルバーシートをかけておくか、 いつシルバーシートからラブシートに変えるか、いつラブシートをはぐか・・・etc
やっぱり苗作りって奥が深いな?
肥料まき、田んぼの耕し終わる
雲時々太陽

田んぼ
明日から雨で仕事が出来なくなるので 朝早くから田んぼの肥料をまいて 田んぼを耕した
夕方には終わり ようやくノルマ達成 明日雨でもゆっくり休めます

ハウス
今日は2棟目のハウスのラブシートをはがした。 最初は1棟分のハウスだけ作業をするつもりだったが・・・
明日の天気雨を考えると (雨だとシートが濡れて片付けがしにくい) ええぃ やっちゃえ? と3棟分のシートをはいでしまった
少し早かったかな まぁいいや
昨日と同じに 端っこの苗はまだ小さいので 短く切ったラブシートをかけて保温した

dvc00230.jpg

芽の伸びる力はすごい 土を持ち上げてしまう
dvc00229.jpg

こんな感じで土が盛りあがっている 

苗が青々
今日は今年一番の暖かさ太陽 この天気も明日までで明後日には雨雨なんで今日一日がんばった

ハウス
昨日今日の暖かさで ラブシートを少し上げて下の苗をのぞいてみると青々と芽が出ていた。
まだラブシートをかけてから2日しかたってないけど どうしよう・・・ まっいいや えいっ! と1棟だけラブシートをはいでみた。
長いところと短いところの差がある 端っこの苗は寒いのでのびが悪いので短く切ったラブシートを部分的にかけておいた

残りの4棟のハウスのラブシートはいつ取ろうかな・・・ ん??もう少し芽が大きくなるまで待とうかしらはてな・・・と悩む
苗作りって難しいキラキラ

dvc00228.jpg

田んぼの仕事
肥料やったり トラクターで耕したり
お父さんと息子がそれぞれ別の機械にのって作業した

dvc00225.jpg

肥料を田んぼにふる 均一にふるのは中々難しいのでお父さんの仕事

dvc00227.jpg

肥料を振った田んぼをトラクターで耕す 今年から長男の仕事になった
定期発送
今日は定期発送の日
いつもなら家族全員で定期発送をやるのだけど今日は忙しいので分担

お父さんは夜明けと同時に田んぼをトラクターでひたすら耕す お昼に家に戻る時間もおしいのでトラクターの中でお弁当 トラクター内は狭いながらテレビ・CDプレーヤー・DVDもつけて快適

長男は発送+籾すり担当 今日は籾すりも発送と同時にやったのでお昼も家に戻れず格納庫でお弁当

お母さん ハウスの苗作り担当 お米の定期発送を手伝いながら 時々ハウスを見に行って 苗の管理

おじいちゃんは総監督

ハウスの苗
昨日は4棟分のハウスのシルバーポリをはがしたが
今日は残り1棟のシルバーをはがして水をやり シルバーの代わりに白い不戦布のラブシートをかけた
今日はとても良い天気太陽で苗が一日でぐ???と伸びたクローバー
dvc00218.jpg
シルバーシートをはがしたばかりの苗箱

画像で手前2つの苗箱を見るとよくわかると思いますが、芽が伸びるパワーで土が盛りあがっている(土の下に芽が出ている)

dvc00219.jpg
自動潅水で水をやる

dvc00220.jpg

水をかけると浮いていた土が沈み落ち着く

dvc00222.jpg

不織布のラブシート(可愛い名前だねハート)をかけてもう少し苗を守ります

シルバーをはがす
田んぼ
朝からトラクターで田んぼを耕した

ビニールハウス
種まき後保温の為にシルバーポリをかけていたが土の中から芽が出てきたのではがした

silver.jpg

きれいに剥いだら 水をたっぷりかけて土を落ち着かせる。

dvc00221.jpg
水で土がとんでしまって種が出てきた箇所には土をかぶせる

dvc00215.jpg

シルバーの代わりに ラブシートという不織布をかけ、もう後少し苗が大きくなるまで保護する。

苗の芽が出たばかりの時期はとても気を使う
 ハウス内の温度も高くなりすぎないように太陽が出るとハウスにとんでいき温度をチェックし窓を開けたり閉めたり温度調節

大事に大事に育ててますハート


肥料をまく
やっと天気太陽になったので今日は肥料をまいた

dvc00204.jpg
米の食味が向上するといわれるカニ殻を砕いてペレット状にしたキトサン肥料
20kg袋入りの肥料を機械に入れる

dvc00206.jpg

肥料をまいた
くねくねくね
dvc00182.jpg

ショーちゃん くねくねポーズでスヤスヤお昼寝

dvc00181.jpg

このかっこがリラックスできるんだもん ショー猫
トラクターデビュー
天気が良いので 田んぼにトラクターをかける
長男初めてトラクターに乗って作業をする 若いので、さすが飲み込みが良い
dvc00199.jpg

長男のトラクターデビュー なかなか上手に耕します
 
種まき2
朝からガンガン種まきをした
昨日と今日で5000箱蒔いてハウスに5棟並べた
すごく早い! 


dvc00193.jpg

格納庫で種を蒔いた苗箱はハウスに持っていき並べる

dvc00197.jpg

苗箱の上に保温の為 シルバーシートをかける
芽が出るまでシルバーで苗を寒さから守る
種まき1
春の仕事で一番忙しいのは田植えだけれど
種まきも田植えと同じくらい忙しい

朝から休みなしでガンガン種まき
今日一日で2300箱の種まきをした。

dvc00192.jpg

格納庫では家族で種まき
種まきの行程 箱に土を入れる→水をまく→種を蒔く→土をかぶせる がベルトコンベアーですべて行われる
人間はその補助をする

種まき機で種を蒔く ←クリック 動画で見れます 

ベルトコンベアーで空箱に土→水→種→土がまかれます

さすがに休みなしなので疲れたので今日はジョッキ飲んで寝ます

明日も頑張ります
お休みなさ?い ZZZ
種まき試運転
午前中 田んぼの小屋から シルバーシート(種まき後保温の為に苗箱にかける)や種まきに使う他の必要な他もすべて運んで準備万端

午後からは 機械を組み立てたり 苗箱を用意したり やっと午後4時になって機械が動くようになった

試運転もかねてトラック1つ分だけ種まきをした
今年の機械も調子がよさそう
明日から お手伝いのお姉さん達も来てくれる ガンガン種まきをします

種まきの準備
昨日の朝催芽機に入れた種の芽が出ていたので10時頃 催芽機から出し脱水する
空になった催芽機に 第3弾種を入れた。

明後日から種まきをするので 格納庫の2階にしまってある種まき機を下に下ろす
フォークリフトとチェーンブロックを使い 慎重に下ろす
dvc00178.jpg

田んぼで作ったフレコンの土を 田んぼの小屋から種まきをする格納庫までトラックに積んで運ぶ。1トン袋が24個 
田んぼから格納庫まで5kくらいの距離を何度も往復して移動。重いので慎重に運転する。1トン袋が24個 格納庫は土の袋でいっぱい

dvc00175.jpg
発芽した種を脱水
dvc00171.jpg

昨日の朝 催芽機(さいがき)に入れた種は24時間たって芽が出てきた

dvc00172.jpg

催芽機から出し、脱水機で水を切っておく。
(脱水には古くなった家庭用洗濯機を使用)
水を切らないでおくと芽が伸びすぎてしまう。

dvc00165.jpg

空になった催芽機に 第2弾種を入れた。明日には芽がでる予定
催芽(さいが) ハウスの水枕 均平(きんぺい)
dvc00169.jpg

朝一で3月2日から水につけておいた種を催芽機(さいがき)に入れた。
たっぷりと水を入れ 34度のお湯を循環させ24時間そのまま。明日の午前中には芽が出る予定

dvc00164.jpg

おじいちゃん、お母さん、息子3人は ハウスの水枕を作った
「ハウスの水枕」は 黒いビニールの筒に水をためてぱんぱんにして置く。
ハウスの端は温度が低いのだが、この「黒い水枕」が日光があたって温かくなる。
水枕がないと、はじっこの苗は極端に育ちが悪く短くなることが多い。

dvc00151.jpg

お父さんは田んぼで均平(きんぺい)をした。
広い田んぼは必ずしも水平ではない。 田植えのために田んぼに水をためるのだが、
高い部分は苗が出てしまったり、低い部分では苗が沈んでしまったりしてしまう。
肥料も均一にはならない。

この田んぼはうちで一番大きい田んぼで縦80メートル横250メートルある。
水をはったとき約5?6センチの苗がちょうどよくつかるように平らにするのは大変。
田んぼの高さを水平にするために レーザーで土地の高さを測り(写真手前がレーザで測る機械)
高い場所の土を取って低くして とった土は 低い場所に運ぶ。

ハウスの中を耕す
今日は苗箱が並べやすいように ハウスの中をきれいに平らにならした

dvc00156.jpg

トラクターで耕す

dvc00158.jpg

トラクターで耕したふかふかの土をシャベルカーで平らにのばす

dvc00159.jpg

機械ではできないハウスの隅っこはレーキででこぼこが無いように平らにならす
ハウスに砂を入れる
ハウスの奥は少し低くなったいて、苗を育てる時毎日水やりをすると その部分だけ水がたまって苗育てに支障が出る

ハウスの低い場所に砂を入れて平らにならした

dvc00149.jpg

ハウス建て終わる
今日も朝早くからハウスをするつもりだったが雨の為できなかったが7時頃から雨が上がって天気が良くなった来た
今までのやり方では 早朝の無風状態のわずかな時間にハウスの天井のビニールを伸ばし針金で止めていた
少しでも風が吹くと天井のビニールがとばされてしまうので、このやり方(無風待ち)では朝しかできない。 このままでは仕事が出来ないので今までやったことのない初めてのやり方で天井張りを試みた
この方法がうまくいき夕方には残りのハウス2棟も完成 全部で5棟で今年の苗を育てます

明日から5時に起きなくてすむ ほっと一安心

dvc00135.jpg

天井のビニールを伸ばす前にひもを通し何カ所か仮止めでしばっておき、その後でビニールを広げる

dvc00140.jpg

ビニールを伸ばしたら、針金で止め その後ひもでしばる

dvc00145.jpg


ハウス
ハウスの天井のビニールを貼ろうと張り切って朝早く起き朝日、張り切ってハウスに行くが 風が強く天井のビーニールがとばされ断念

代わりにひもを縛って準備をした

dvc00126.jpg
ちょっとお休み
天気予報通り朝から雨なので仕事はお休み
冬の間なまった体が春になり急に仕事が始まり体中が筋肉痛なった 
ハウスはりは、立ったり、座ったり、手を伸ばしたりの繰り返しで筋トレみたい力こぶ

天気予報によれば明日は朝風も少なく曇り雲のようだ
明日は朝早くから日の出 ハウスの予定
プロフィール

河内さんちのお米

Author:河内さんちのお米
河内家の農家のブログ
おいしいお米をつくりま~す

月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
リンク
最近の記事
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。